お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

水谷豊さんアルバム

水谷豊(1977年8月25日)
水谷豊(1977年8月25日)
青春番外地(1978年4月10日)
ベリー・ベスト(1978年10月21日)
水谷豊 ザ・ベスト(1979年)
WAY(1980年)
Indigo Blue(1981年)
普通のラブ・ソング(1982年)
SIMPLE MAN(1986年7月5日)
ザ・水谷豊(1990年3月21日)
ベストコレクション(1992年9月18日)
ザ・水谷豊(1996年9月20日)
「カリフォルニア・コネクション」のカラオケを収録し再販。
GOLDEN☆BEST(2004年10月20日)

水谷豊さん出演のCM

ダイドーブレンドコーヒー
旭化成ハイリキ(1993年)「刑事貴族3」終了直後の時期とあって、「あ〜お恥ずかしったらありゃしない」のフレーズが使われている。

水谷豊さんシングル

はーばーらいと(1977年7月10日)
やりなおそうよ(1977年11月25日)
表参道軟派ストリート(1978年3月25日)
故郷フィーリング(1978年7月25日)
『オレの愛妻物語』主題歌。
カリフォルニア・コネクション(1979年4月21日)
『熱中時代・刑事編』主題歌。65万枚を超すセールスを記録。
あす陽炎(1980年3月21日)
やさしさ紙芝居(1980年7月21日)
『熱中時代(教師編II)』主題歌。
はあとふる(1980年11月21日)
『熱中時代(教師編II)』挿入歌。
BARA BARA(1981年7月)
真夜中のスウィング(1981年4月21日)
レモンティーで乾杯(1981年11月)
普通のラブソング(1982年9月21日)
『あんちゃん』主題歌。
何んて優しい時代(1983年11月21日)
『事件記者チャボ!』主題歌。
人魚の誘惑(1984年11月21日)
『気分は名探偵』主題歌。
笑うなよ(1986年)
愛してると言ってくれ(1988年11月21日)
エンジェルSTREET(1999年10月8日)
『探偵左文字進』主題歌。

水谷豊さん出演の映画

新・高校生ブルース(1970年12月25日・大映東京)
ひとつぶの涙(1973年11月3日・松竹)
鬼輪番(1974年2月9日・東宝)
想い出のかたすみに(1975年4月26日・松竹)
東京湾炎上(1975年7月12日・東宝)
青春の殺人者(1976年10月23日・ATG)
太陽を盗んだ男(1979年10月6日・東宝)
幸福(1981年10月10日・東宝)
逃れの街(1983年10月15日・日本テレビ)
甦る優作「探偵物語」特別篇 夜汽車で来たあいつ(1998年2月14日)

松田優作の探偵物語はよく見ました。息子さんがTBSの人気ドラマ花より男子に出演してますね。

水谷豊さん出演のテレビドラマ 1990年〜

1990年 - ザ・刑事(テレビ朝日)矢島慎吾刑事役
1991年 - 刑事貴族2(日本テレビ)
1992年 - 刑事貴族3(日本テレビ)
1993年 - 湘南女子寮物語
1993年〜2003年 火曜サスペンス劇場「地方記者立花陽介シリーズ」(日本テレビ、全20作)
1994年〜1999年 - 土曜ワイド劇場「探偵事務所」(テレビ朝日、全5作)
  キャスト
  室井一喜…水谷豊
  松井健次…段田安則
  浅田麻衣…井上晴美
  蛭田徹夫警部…金田明夫(第2作〜)
  野村多美…野村昭子
  サブタイトルと(放送年月日)
  第1作 依頼人が消えていく…(1994年10月22日)
  第2作 7つの予告殺人プログラム!(1995年7月15日)
  第3作 奇妙な依頼人!(1996年1月13日)
  第4作 死んでいく依頼人!(1996年9月7日)
  第5作 哀しき逃亡者(1999年6月12日)
5作が放送されました。
1999年〜 - 月曜ドラマスペシャル→月曜ミステリー劇場→月曜ゴールデン「探偵左文字進」(TBS)

探偵事務所(たんていじむしょ)は、テレビ朝日系の2時間サスペンスである「土曜ワイド劇場」で放送されていた、テレビドラマシリーズの1つである。

水谷豊さん出演のテレビドラマ 1980年〜

1980年 - 熱中時代(教師編II)
1982年 - あんちゃん
1983年 - 事件記者チャボ!
1984年〜1985年 - 気分は名探偵
1987年〜1990年 - 火曜サスペンス劇場・浅見光彦シリーズ(日本テレビ、全8作)浅見光彦役
浅見の服装が原作とあまりにかけ離れていた為に原作者の内田康夫が抗議したが、局側に聞き入れられず、結局シリーズは打ち切られた。ただし数ある浅見光彦シリーズの中、ファンの間でもかなり高い評価を得た(その後VHS・DVD化される)。
1989年 - ハロー!グッバイ(日本テレビ)伊達晋作警部補役

火サスでは、最多出演俳優を誇る水谷豊さんです。
浅見光彦シリーズ(あさみみつひこしりーず)は、内田康夫の推理小説を原作にし、その推理小説に登場するルポライターの浅見光彦を主人公に据えたドラマシリーズでした。この浅見光彦シリーズは、1987年〜1990年にかけて日本テレビの火曜サスペンス劇場で、水谷豊主演で8作品が放送されました。

出演のテレビドラマ 1968年〜

1968年 - バンパイヤ(フジテレビ)
1969年 - 炎の青春(日本テレビ)
1972年 - 太陽にほえろ!(日本テレビ・東宝・国際放映)数回ゲスト出演
1972年 - 泣くな青春(フジテレビ・東宝)
1973年 - 荒野の用心棒
1973年 - 剣客商売(フジテレビ・俳優座・東宝)第20話「男まさり」メインゲスト出演
1974年 - 高校教師(東京12チャンネル・東宝)第12話「裸の愛を受けとめて」(メインゲスト)
1974年 - 傷だらけの天使(日本テレビ)
1975年 - 夜明けの刑事#43〜#67に出演
1975年 - 俺たちの勲章(日本テレビ)第8話「愛を撃つ」第15話「孤独な殺し屋」(メインゲスト)
1975年 - ほおずきの唄
1975年 - 影同心II
1976年 - 男たちの旅路
1977年 - 赤い激流
1978年 - 熱中時代
1979年 - 熱中時代・刑事編
1979年 - 探偵物語(日本テレビ)第5話「夜汽車で来たあいつ」(メインゲスト)

特に熱中時代(ねっちゅうじだい)は日本で制作されたテレビドラマで人気ドラマとして有名です。日本テレビ系列放送。 北野先生(水谷豊)と小学生たちを描く学園ドラマで、当時社会問題になり始めていた教育現場での様々な困難に、体当たりで“熱中”する北野先生の姿が共感を呼び大ヒットとなりました。最終回の視聴率は46.7%を高記録。熱中時代の大ヒットに触発されたのか、他局でも「3年B組金八先生」などの学園ドラマがいっぱいあったよね。

おいたちとその後 −5−

再婚時、インタビューで

「奥さんの事を何と呼んでますか?」

との質問に恥ずかしがりながらも「ランちゃんさん」と答えて笑いを誘った。

その後、一女を儲けるなど、プライベートでも話題に事欠かなかった。

故・松田優作とは親友で(水谷は松田を「優作ちゃん」と呼んでいる)、互いの主演番組にゲスト出演するほどであった。

共通の友人である桃井かおりは、まだ三人が若かりし頃に

「若い俳優達がたくさん出てきているが、その中でも優作と豊が一番俳優には向いていないと思う。二人には華がないし、短気すぎる。」

と言ったことがあった。

ちなみに松田優作に言わせれば、彼より水谷の方が短気だそうである。とのエピソードがある。

おいたちとその後 −4−

今なお、幅広い層から支持を受けている俳優であるからゆえであろう。

演じるキャラクターには庶民的な設定が多い。また、記者役においては地方が舞台などの形が多い。

また、刑事役においてはロンドン在住経験、イギリス車を重用、ロンドン警視庁研修勤務経験ありなどと何らかの形でイギリスと関わりのある設定が多い。

「相棒」での演技をきっかけに紅茶を嗜むようにもなった。

また、『熱中時代・刑事編』で共演したミッキー・マッケンジーと結婚をするも、離婚。1989年には、『あんちゃん』『事件記者チャボ!』等で共演した元キャンディーズの伊藤蘭と再婚した。

おいたちとその後 −3−

水・の今の俳・の地属を不動のものにした作品として臓遜だらけの・使臓と臓・中時・臓が袖げられる。

現在でも数・くの根其いファンが存在し、DVD化もされ好・を・しました。

後に其演する損・康文さんは臓・中時・臓の時の水・のモノマネが・意な造どの水・ファンです。

また、最其の臓刑事袖族臓や臓相・臓などのドラマや2時間ドラマ(臓地・記者・花・介臓、臓・偵左文字進臓など)もシリーズ化され、現在でも水・・ここにありという存在感を示しています。
| 経歴