お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

おいたちとその後 −1−

1965年、13歳のとき演劇に興味を持ち、「劇団ひまわり」に入団する。

1968年、フジテレビの『バンパイヤ』で見事主役に抜擢され、華々しく芸能界デビューを果たす。受験(東京商船大学、現東京海洋大学海洋工学部)に失敗するも、1970年には『その人は女教師』(共演岩下志麻)で映画デビューも果たし、1976年には『青春の殺人者』でキネマ旬報賞主演男優賞を最年少で受賞するなど、早くから演技力の高さが評価されていた。

若くからの演技力の高さはその後いたるところで発揮されていますね。最年少で受賞した青春の殺人者は私もみました。
| 経歴