お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

おいたちとその後 −3−

水・の今の俳・の地属を不動のものにした作品として臓遜だらけの・使臓と臓・中時・臓が袖げられる。

現在でも数・くの根其いファンが存在し、DVD化もされ好・を・しました。

後に其演する損・康文さんは臓・中時・臓の時の水・のモノマネが・意な造どの水・ファンです。

また、最其の臓刑事袖族臓や臓相・臓などのドラマや2時間ドラマ(臓地・記者・花・介臓、臓・偵左文字進臓など)もシリーズ化され、現在でも水・・ここにありという存在感を示しています。
| 経歴

おいたちとその後 −2−

1977年には、『はーばーらいと』(作詞:松本隆、作曲:井上陽水)で歌手デビュー。

『表参道軟派ストリート』(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)や『カリフォルニア・コネクション』(作詞:阿木燿子、作曲:平尾昌晃)をヒットさせる。

『相棒』ではピアノ演奏も披露するなど、多彩な才能ぶりを発揮している。

25才で歌手デビューしました。その後のヒット曲はみなさんおなじみですね。ラジカセのカセットテープが擦り切れるまで何度も何度も聞いたことを思い出します。
| 経歴

おいたちとその後 −1−

1965年、13歳のとき演劇に興味を持ち、「劇団ひまわり」に入団する。

1968年、フジテレビの『バンパイヤ』で見事主役に抜擢され、華々しく芸能界デビューを果たす。受験(東京商船大学、現東京海洋大学海洋工学部)に失敗するも、1970年には『その人は女教師』(共演岩下志麻)で映画デビューも果たし、1976年には『青春の殺人者』でキネマ旬報賞主演男優賞を最年少で受賞するなど、早くから演技力の高さが評価されていた。

若くからの演技力の高さはその後いたるところで発揮されていますね。最年少で受賞した青春の殺人者は私もみました。
| 経歴

   水谷豊さんとは・・・

水谷 豊(みずたに ゆたか)は、北海道芦別市出身の日本の俳優・歌手。
トライサム所属。

誕生日: 1952年7月14日
星座 :かに座
出身地: 北海道
性別: 男
血液型: A型
身長: 168cm
体重: 60kg
出演:事件記者三上雄太 バンパイヤ 傷だらけの天使 熱中時代/教師・刑事編 相棒 探偵左文字進ほか

広大な北海道が水谷豊さんの大きなスケールを生んだんでしょうか?
50?才・・・いつまでも若く!ステキだね!
| 経歴